「好き」に囲まれる暮らし

1.家探し~予想外の注文住宅との出逢い~

遡ること約1年前。娘が1歳半になる頃に私たち家族は憧れの安城市で新築注文住宅を建てました。

とはいえ、家探しを始めた当初は、「子どもも産まれたことだしそろそろ持ち家が欲しいな~」という軽い気持ちで、まさか自分たちが注文住宅を建てることになるとは思ってもみませんでした。

注文住宅は打ち合わせなど多大な時間と手間がかかると同時に、マンションや建売に比べて費用も膨大に掛かると思っていたからです。

しかし、ひょんなことからご縁のあった地元の住宅メーカーの営業の方から現在の土地を紹介してもらい、色々とお話を聞いている内に「注文住宅も意外と夢じゃないのかな…?」という気持ちが湧いてきて、あっという間に契約にまで至りました。当時の夫と私の行動力や決断力は我ながらすごかったなと思います。

2.家ができるまで

無事に契約まで終えると、毎週末住宅メーカーに出向いて、数時間に及ぶ打ち合わせ、平日は持ち帰った課題と向き合う日々が始まりました。昔からモデルハウスを見たりインテリアを考えたりすることが好きだった私にとって、この時間は大変だと感じることは全くなく、楽しくて夢いっぱいの幸せな時間でした。

打ち合わせが完了して家が出来上がっていく過程を見られたことも人生においてとても貴重な経験になりました。

3.「好き」に囲まれた現在の暮らし

キッチンや壁紙など、何をとっても自分が「好き」と思えるものを心を込めて選んだ今の家は毎日を豊かにしてくれる、私にとって最高に幸せな空間となりました。間違いなく注文住宅でなければ叶えられなかったなと思います。予想外だった注文住宅との出逢いに心から感謝です。