注文住宅の間取りのこだわり

1、住みたい家とはどんな家か

十日町市で新築注文住宅の利点は、間取りが自由に組めることにあると思います。注文住宅を建てると決めてから色々な広告やサイトを見てどの様な間取りの家にするかイメージを膨らませていました。今生活している中で、どこに場所を使っていて、どこを広くしたら生活しやすいかを考えてみたり、住宅展示場をめぐり相談することでできる間取りやできない間取りを勉強したり、理想や夢が膨らみます。

2、実際に間取りを考えてみる

住宅メーカーに間取りを作って貰う前に自分達の理想を形にしようと思い、フリーソフトで間取りを作ってみました。なんとなくイメージしていた間取りを形にすると、思っていたより家の延床面積が広くなってしまったり、無駄なデッドスペースができてしまったりと考えている間取りの問題点が見えて来ました。

3、一番難しいのは夫との意見のすり合わせ

家のどこにスペースを広く取るか、収納の位置、階段の位置、窓の位置、玄関の位置、これらすべて夫と意見が食い違ったところです。あげればまだまだあります。その度になぜこの位置が良いのか、何だったら譲歩できるか、優先順位は何かをひたすら話し合いました。いつも一緒に生活しているはずの夫との価値観の違いをとても感じていますが、なんとか理想の間取りが出来上がりました。きっと家が立つ頃には夫婦の絆が深まっているはずです。