土地探し

土地=価格=人間性

地元での土地探しと自己の想像

結婚から2年たちそろそろ子供をと考えていた時、賃貸から持ち家にと土地を探すことにしました。自分も妻も同じ地元で、その当時住んでいたのも地元で前橋市で新築注文住宅をと考えておりかなり土地勘がありました。皆さんのお住まいの地域全てに当てはまるかはわかりませんがそこで感じたことを書かせてもらえればと思います。タイトルの意味をもう少し詳しく説明するところから初めてみたいと思います。

裕福さと子供の素行の相関性

まず駅から近い、公園が近いなど交通の利便性や環境が良いところは土地が高いというのは言うまでも無いかと思います。価格が高いということはそれなりに年収が高い人が購入し住んでいる、もしくは昔からの地主など。世間的に裕福な家庭とされている方達かと思います。昔から裕福な家庭ほど子供の素行が良いように思っていました。今回土地を探してみてその推測が一定正しいのではないかと思いました。先に書いたようにずっと地元にいるため土地勘はありました。それは地元の小学校、中学校など住んでいるところで学区が決まる公立の学校の雰囲気に関してもです。高校で他の学区の人に出会ったり、小学生からスポーツ少年団に入っていた自分は実際に他の学校に行くことや実際にその学校の雰囲気を見たりもしていました。やはり学校によっていわゆる不良のような学生が多いところや、サッカーでラフプレーが多かったり素行が悪いところ、逆に全然スポーツマンっぽくない華奢でメガネ率の高いところなど色々ありました。

それなりの価値はあるのか?

今回土地を探していてこの時感じた素行の部分と土地台は一定比例しているとわかりました。ただ全てが悪いとは思っておらず同じ値段でも場所によっては倍ほど広い土地に住めたり良いところも感じました。高い場所では高い場所で他の家からマウントを取り合うような面倒臭いこともあると聞いたことがあります。高い場所が必ず良いとは限らないなと思いました。無理をしても結果周りの環境に合わないなんてこともあるかと思います。自分の身の丈にあったちょうど良い塩梅のところを探すのが一番だなと思います。

一生もののお買い物

住む楽しみと挑戦

私は子供の頃から家が好きです。何度か引っ越しをしましたがどこへ行ってもその土地ならではの魅力がありいつの間にか馴染んでしまいます。それでも土地を探すのは良いことばかりではなく大変なこともあります。

最高の住処を発見

周辺に施設などがあるか、スーパーは近いか、治安は良いか、何より通勤に便利かなどなど色々と調べることも多く大変です。それでも本当に探しているときは楽しくて仕方がありません。足が棒になるまで不動産屋さんをまわり、現地に案内してもらいます。とても不思議なのですが車を降りて現地の空気を吸うと居心地の良い住処になるかが何となくわかります。直感が働くのです。そして気に入ったところに住み始めるととても居心地が良くなります。

完璧な家を求めて

美濃加茂で新築注文住宅を建てる際、土地探しには坪単価の公示価格や税金など複雑な手続きもありますが、いつも一生モノのお買い物と思い苦になりません。高ければ住心地が良いとも限りません。とてもお手頃な土地を購入して箱物を注文住宅にしたときは本当に家が大好きでした。もちろん今のところも居心地は最高です。

土地探し

生活利便性とアクセシビリティの検討

彦根市で新築注文住宅を建てる時に、大事なのが土地探しです。どんな場所に建てるのか、そこにはさまざまなことが関わってきます。周辺の情報も非常に大事な部分です。どんな土地なのか、お店や買い物する場所、コンビニなどがどのくらいの距離にあるのか、道路に面しているのか、道は狭いのか広いのか、どの時間帯になると混むのか、空いているのか、静かな場所か、治安はどうか、電車などの公共の交通機関を使用するのであれば、家からどのくらいの距離があるのかで、自転車が必要か、徒歩で駅までいけるのかなど、その後に必要になるものも変わってきます。生活をすることを踏まえて、考えなければならないことがたくさんあります。

地域の安心と子育て環境の確認

もし、子供がいるのであれば、治安も大事な問題ですし、同じ歳くらいの子供を持つ家庭が周りにあるのかどうかで、子供も友達が作りやすいのかそうで無いのかにも関わります。

生活スタイルと趣味活動の対応性

習い事をするのであれば、歩いて行ける場所か、車で送り迎えが必要かでも場所選びに影響していきます。土地選びには、生活面から考えて、条件を絞り出す必要があるので、大変な作業です。

予想もしてなかった戸建てへの住み替えの結果

●住み続けるつもりだったマンション、しかし…●

新婚で、支払い額も納得し、気に入った地域で中古マンションを購入することにした私達。マンションのデメリットでもある修繕積立費も、過去住人のかたもしっかり納めており、大規模修繕も終わったばかりで、しばらく上がる予定もないとの事で購入を決定しました。しかし、住み始めて数年後、試算の結果、今のままでは老朽化に追いつかないかもしれないと、一万円程の積立費アップが決まりました。しかも、また数年後には段階的に上げていくと…。安いと思っていた支払い総額の雲行きが怪しくなり、軽い気持ちで暇なときに戸建てへの住み替えをサイトで検索するようになりました。

●戸建てなら、こんな土地!と譲れない条件●

多くのマンションのデメリットとして、駐車場から玄関までの距離が遠いことがあります。私達もマンションでそれを感じていたので、戸建てにするなら絶対に、駐車場と玄関はすぐ隣!と強く思っていました。しかし、気に入っている現在の校区内に、他と比べるとかなり安めの土地があり見に行くと…高低差があり、駐車場から家まで数段の階段が必要な土地でした。安いし気になるけれど、高低差あり。私達が考える戸建ての大きなメリットがなくなってしまいます。

●デメリットのはずの高低差、結果は?●

松江市で新築注文住宅を検討してみて、やはりこの気になる土地は相場より数百万円安く、広めの土地でした。悩んだ末、上がっていく修繕積立費の不安と比べると、この土地で戸建てにする住宅ローンのほうが安心かと思い始めました。二人目の赤ちゃんが男の子だったこともあり、思いきってその土地を購入!結果ですが…たしかに車から玄関まで直結もできず、階段を不便に感じることもありますが、この高低差のおかげで、他の家に比べてかなりプライバシーが守られることを実感しております。庭で遊んでいても道を歩く人にも見られず、子どもたちがすぐに道路に飛び出す心配もほぼありません。いつでもきれいな庭、可愛い部屋着、ばっちりメイク…そんなことが苦手なズボラな私なので、人の目を気にせず庭で思いきり子どもと遊べるこの家が大好きです。高低差ありがとう!

事務所づくりのための土地探しには苦労しました

会社の事務所を移転するために田原市で建て替えを検討し、土地探しをしていた時のエピソードになっていますが、立地が良いところを見つけないといけなかったので大変だったことを覚えていて、その時の心境も含めて話をしようと思います。

①立地が良いところを見つけないといけなかった

事務所の移転であったので、できるだけ立地がよく、通勤しやすい場所や建物とかがわかりやすいところなども含めて見つけないといけなかったので、仲間と一緒に土地探しを長い期間していたのであります。

できるだけ、みんなから意見を出してもらったデータを参考にそれに適した土地を見つけないといけなかったので、苦労した感じです。

②良い土地を見つけ出すことができ、事務所移転へ

土地探しを長くしていた時にちょうど良いところを見つけ出し、そこに事務所を移転しようということが決まったのですが、敷地面積や区画などの交渉で少しですが難航していたけど、無事に事務所を移転する準備ができ、施工へと計画が進んでいったのです。

③今では快適な立地で仕事をすることができています

良い土地を見つけ事務所を移転でき、今ではスムーズに出勤することができつつ、移動も便利となり、働いている人たちもみんな安堵な気持ちで仕事をしていたりします。

土地探しをしていた自分の身としては良いところを見つけることができて良かったと一安心しています。

新築の一戸建ての土地

一戸建ての家がほしいと思いませんか?

宇都宮で新築注文住宅でキレイな庭付き一戸建てで、車が置ける家がほしいと思います。出来れば、3階建てで屋根が付いているほうがいいです。屋上が洗濯干しや屋根なしは嫌です。庭はガーデニングが楽しめる広さがいいです。誰もが夢見るマイホームは、どこがいいのでしょうか?土地の値段とともに見ていきましょう。

土地の値段はいくらでしょうか。

住んでみたい土地の一坪の値段を調べてみました。大阪府の豊中市が84.2万円、高槻市59.6万円、阿倍野区121.6万円です。神奈川県戸塚73.1万円です。北海道中央区78.9万円です。愛媛県丸亀市10.8万円です。ざっと見てみましたが、大阪だと高槻市が安いですね。そして、愛媛県だと、なんと10万円です。

一戸建てを建てる土地の値段はいくらかかるでしょうか。

だいたい一戸建ての平均坪数は、34坪です。高槻市では、約2000万円になります。愛媛県では、340万円です。これで土地代が出ました。これで夢のマイホームの一歩です。

決まりかかった土地が白紙に戻りました

1.夢いっぱいの土地探し

私は、小さい頃から自分が一軒家でのびのびと育ったため、子供が生まれたら沼田市で新築注文住宅が欲しいと思っていました。結婚して10年でやっとその夢が叶い、住宅会社を紹介してもらい土地探しを始めました。当時住んでいたマンションは、国道に面していて、育児をしにくいと感じていたため、国道や県道沿いではない住宅街の土地を探し始めました。

2.やっと見つけた土地

住宅会社から、不動産会社を紹介してもらい希望を伝えると、いくつか土地を紹介してもらうことができました。1件1件見に行ったのですがなかなか見つからず、3ヶ月程かかりいいかなと思った土地は、まだ家が建っている場所の土地でそこを壊すという事で、私や主人も解体費用も含めて納得しその土地に決めました。

3.ハプニングで白紙に

土地を決め、家をいよいよ決めていこうとした時、不動産会社から急遽連絡があり、土地の一部分だけが市の所有で、その部分だけ市と交渉して購入しないといけなくなりました。市側は譲ってくれると言ってくれたのですが、全ての金額を合わせると予算オーバーで白紙に戻ってしまいました。

土地探しには粘り強さと決断力が大切

1.憧れのマイホームを建てることに

会社員として働いていましたが、貯蓄をするために狭い集合住宅に住んでいました。ある程度お金が貯まったことと、子どもができたこともあり、マイホームを建てることにしました。建売住宅を購入するのではなく、注文住宅をオーダーすることにしました。その方が自由度が高いですし、小さいころからの憧れだったのです。

2.土地探しに難航

新しく更地を購入して、そこに家を建てることにしました。理想とする土地は駅から徒歩圏内で、かつ、大通りに面していない静かな環境が保たれた場所でした。しかし、思っているような土地がなかなか見つからず苦労することに。予算内で駅近の土地があったと思えば、裏に崖があったり傾斜地だったりしました。また、静かで良好な土地は価格が高い傾向にあり、断念せざるを得ませんでした。

3.諦めず探して理想の土地を確保

諦めないで土地探しをしていると、理想的な場所を見つけることができました。環境と利便性と価格のバランスが取れた土地を確保できたのです。粘り強く探すことと、決断力が大切だと思いました。

土地探しをした際、学区と土地の高低で苦労しました

1.一戸建てへのあこがれ

私は新築注文住宅に憧れていました。その理由は私が集合住宅暮らしだったから。今の集合住宅は造りがしっかりしているものも多いと思うのですが、私が子供の頃となると今から40年程昔の話。壁が薄かったり安普請だったりと騒音問題でトラブルになる事が多々ありました。これが嫌で一戸建てで暮らしたいと考えるようになりました。

2.土地探しで難航

社会人となってお金もそれなりに貯めました。そこで一戸建てをどこに建てるか?と土地探しをしたのですが、なかなか大変でした。市内中心部だと土地の価格が高く手が出せません。また学区という問題も出てきました。社会人となった私には関係ありませんが、家庭を持って子供が出来た時の事を考えると重要です。私の住んでいる地域は住んでいる地域によって進学出来る高校が決まっており、出来るなら私と同じ学区にしたかったんです。そして土地の高低も気になりました。これには友人の影響がありました。友人宅は立派な家に住んでいたのですが、大雨が降ると道路は冠水。大変だなと感じていました。こういう経緯もあったので、雨の影響を受けづらい土地の高低を意識して土地探しをしました。結果なかなか土地が見つからずに大苦戦しました。

3.苦労はした分、満足度は高い

諸所の条件を満たす土地を探すのには苦労しました。今だとこういう問題が表立って出ていますけど、土地探しをしていた頃はそういう情報が開示されづらかったので。自分の知識だけでなく、友人や会社同僚からも情報を仕入れて土地探しをしました。周囲の協力もあって無事目当ての土地を見つけ、そこで一戸建てを建てました。苦労はしましたけど、やはり自分の家というものはいいですね。また学区も自分の希望通りになりましたし、大雨が降っても周辺道路が冠水するという事もありません。苦労はしたけど、頑張った甲斐があったな~と満足しています。

わが家が土地を探して購入した経緯

我が家の土地探し体験談を紹介します。

●どうやって土地を探したのか

我が家の場合は、土地を探していません。知り合いで土地を持っている人がいて、その知り合いから直接購入しました。ですが、本当にまれなパターンだと思います。ほとんどの人は不動産屋から購入する人が多いと思います。

●どんな土地だったのか

土地は45坪の土地で南側に道路があり正方形の形をしています。土地としては大きい方ではありませんが、駅の近くなので、45坪あれば十分だと思います。他の家と比べても特別小さいわけではありません。

●どんな家を建てたのか

五泉市で新築注文住宅を建て、2階建ての家を建てました。45坪はそこそこの家を建てることができますし、車を2台止めても庭があります。家自体も家族4人が住むのに十分な家を建てることができたので、45坪で駅の近くで大満足です。知り合いの方も良い人なので、良心的な金額で買うことができたのではないでしょうか。日当たりがよく、周囲も静かなので、住みやすい場所です。

土地探しのポイントは?

1.条件を絞っておく

岡崎市で新築注文住宅を建てる際、スムーズに土地探しをするためには、譲れない条件を絞っておくことが有効です。こだわり条件が多過ぎると、なかなか土地が見つからない可能性があります。駅からの距離や面積など、譲れない条件だけに絞れば、選べる土地の候補が増えるため、掘り出し物ともいえる土地と巡り合えることは珍しくありません。

2.建蔽率を調べておく

とても広い土地であっても、建蔽率や容積率が低ければ、予定よりも小さな家しか建てられない可能性が生まれます。建蔽率や容積率というのは、土地購入者の都合で変更できるものではありません。最初から決まっている建蔽率に従う必要があるため、土地購入前にはしっかり確認しておくことが大切です。

3.現地に足を運ぶ

土地を購入する際は、地図で場所などを確認するだけでなく、現地に足を運ぶことも重要です。周辺の環境や土地の高低差、騒音の有無など実際に足を運ばなければ分からないことは多くあります。そのため、気になる土地を見つけた時は、まず現地まで足を運んで問題のない土地かどうかをしっかり確認しておくことが大切です。現地確認の手間を惜しまなければ、本当に満足できる土地を購入できるようになるでしょう。

周りに高い建物が建たない土地を選びたい

1、戸建てを考えたらまず土地探し

上尾市で新築注文住宅を持つことを考え始めたら、同時に考えなければならないのが土地です。

利便性やご近所付き合いのようす、長く住むことを考えると土地選びには慎重にならなければなりません。

どのポイントを重視するかはひとりひとり異なりますが、「自分の家が常に日陰にならないように」ということは、多くの人が望むポイントだと思います。

自分自身、土地探しでは大きなポイントに置いていました。

2、田んぼや畑は将来なくなるかも?

家の裏が田んぼや畑といった、そもそも建物が建っていない状態であれば、日陰になることを気にする必要はありません。

けれど、昨今それらを手放してしまう方が多く、「建物がないから我が家は日陰になることがない」と思っていたところ、突然宅地等に変わることがあります。

友人の選んだ土地でそのようなことがあり、気をつけなければ、と注意していました。

3、コインパーキングは存続することが多い

増えつつあるコインパーキングは、田んぼや畑同様、自宅が日陰になる心配がありません。

収益を見込んで作られることが多く、そもそも田んぼや畑を手放した方が最近作ったものであることがあるため、宅地などに変わってしまう心配が少ない土地です。

隣接する一角がコインパーキングである土地を選びましたが、幸いマナーの悪い方もおらず、見通しが良い非常に快適な家になりました。

子育てに適した土地探しをしています

1.憧れのマイホームは親子で土地探しの楽しみ


子供が小学生になる前に安心して子育てできるような安城市で新築注文住宅が欲しいなぁと思うようになり、土地探しを行うようにしました。週末は家族で土地探しを行う機会が増え、子供も一緒にマイホームの話しをしながら土地探しを行うのが楽しみの一つになっています。

2.土地探しのポイントは?


学校の登下校時に安全な道かどうか、その辺もきちんとチャックを行い、交通量やガードレールの設置など、登校時の道路状況も確認しておきました。公園なども付近にあり、子供達が思いっきり外遊びできるような環境で子育てしたいなぁと思うようになったので、土地探しは条件を絞り込んで探すようにしました。

3.大変だけど土地探しは重要


住み心地なども考慮した土地探しは、駅らの距離や学校への登校時間など、色々と考慮して、ここなら安心して生活ができるなぁと感じるような場所を見つけることができました。通勤時間も1時間程度のところで緑が多い土地探しを行い、人気がある場所でかなり子供も気に入ったマイホームになりました。供が小学生になる前に安心して子育てできるようなマイホームが欲しいなぁと思うようになり、土地探しを行うようにしました。週末は家族で土地探しを行う機会が増え、子供も一緒にマイホームの話しをしながら土地探しを行うのが楽しみの一つになっています。学校の登下校時に安全な道かどうか、その辺もきちんとチャックを行い、交通量やガードレールの設置など、登校時の道路状況も確認しておきました。公園なども付近にあり、子供達が思いっきり外遊びできるような環境で子育てしたいなぁと思うようになったので、土地探しは条件を絞り込んで探すようにしました。住み心地なども考慮した土地探しは、駅らの距離や学校への登校時間など、色々と考慮して、ここなら安心して生活ができるなぁと感じるような場所を見つけることができました。通勤時間も1時間程度のところで緑が多い土地探しを行い、人気がある場所でかなり子供も気に入ったマイホームになりました。

土地探しは私は駅からやった

1.土地探しの為に

岡崎市で新築注文住宅を建てるための土地を探すことでまず私が重要視したのはやはり立地です。駅からそれなりに近いということが最低条件でした。そして、その駅に関しても通勤に便利であることが大事であり、それは近いというよりは、一本で行けるということがまず大事な要素としてありました。

2.値段との釣り合い

良い土地というのは大抵の人にとっては魅力的な時になってくるわけですがだからといって自分が買えるかというとそうでもないです。やはり自分の財力と釣り合うかどうかというのが土地選びのポイントになることは間違いないので、この場合、最初から足切りの条件として予算を明確に決めておくことが重要です。

3.譲れない条件

土地を購入する際にはやはり自分なりに譲れない条件、というのが明確ですとよりよいです。わたしとしては駅がそれであり、そしてその駅も別に職場に近いことが重要ではなく、職場までのアクセスに重きを置いて探していました。

我が家のカタチ

1、戸建て住宅vsマンション

結婚後マイホームを買う話が持ち上がった時、まず揉めたのが戸建て住宅にするかマンションにするかでした。主人は多少郊外でも自然豊かな一戸建て住宅を望んでおり、私は便利な駅近のマンションを希望していました。

何度も話し合いましたが、主人が折れることはなく私たちは土地探しから始めることにしました。

2、紆余曲折あって落ち着いたのは建売住宅

土地探しは難航しました。主人はもともと美濃加茂で新築注文住宅を希望していたのですが、いいなと思う土地があっても建築条件が付いていたり、広くても通勤には不向きだったりとなかなか思うようには進みませんでした。そんな時買い物の道すがら、住宅販売ののぼりを見つけ、週末なんとなく話を聞きに行きました。そこは感じのいい戸建ての並んだ建売の分譲住宅地で、費用も予算内、最寄り駅にも徒歩15分という立地でした。注文住宅でないという点に主人は初め不満そうでしたが、二人の希望をすり合わせた結果、ここに決めることにしました。

3、あれから10年 この家でよかった

あれから子どもにも恵まれあっという間に10年経ちました。

私は高層階からの眺望を諦めたかわりに、家族でガーデニングを楽しんでいます。主人は広い土地と注文住宅は叶いませんでしたが、その分費用も収まり、年をとって負担にならない通勤時間でよかったと思っているようです。お互いにとってベストではなくベターな選択でしたが、家族にとって一番いい形を選択できたと思っています。

注文住宅は、飽きない家が作れる

好きなデザインの家が作れる

家は、新築に拘る人なら「岡崎市で新築注文住宅」がおすすめです。

建売りより、個性的な家が作れるのでオリジナル感を出せます。

例えば、内装なら「壁紙」を自分好みのデザインにすれば、

楽しく過ごせます。

また、外観も壁、庭など、長く飽きずに住むための工夫が注文住宅は可能です。

部屋のサイズが希望できる

注文住宅の特徴の一つに、「部屋の間取り」を自由に出来る事があります。

決められた間取りより、住みやすく好むはずです。

さらに、収納スペースを増やせたり意外な場所に作る事も出来ます。

オーナー様の希望が詰め込まれた家作りは、注文住宅ならではの魅力になります。

狭い土地を有効に使える

普通の家は、建物のサイズ、規模がほぼ決まっている状態で作られる感じです。

土地の広さに合わせて作るため、ある程度の土地サイズが必要です。

しかし、注文住宅なら、「狭い土地」でも作る事が出来ます。

3階建ての家にすれば、狭い土地が有効に使える訳です。

オシャレな3階建ては、若い夫婦に好評で希望する人も増加中です。

注文住宅は、不利な条件の中でも希望する家が作れるので検寸する価値は十分あります。