岡崎市

アパート住まいから憧れの注文住宅マイホーム

苦労重ね手にした注文住宅


私は、結婚当初からアパート住まいでの生活を始めました。アパートの近辺は一戸建ての住宅が多く一戸建て住まい生活をしている人がうらやましく思い、いつか私も注文住宅マイホームを持つ夢を持ち幼い子供も二人いましたが保育園へ子供を預け主人と二人共働きしながら私28才、主人38才で岡崎市で高気密高断熱を参考に注文住宅を手に入れる事ができました。

思った以上に日照不足!


隣の家との距離が三メートル位程しかなく各部屋すべてに日照を望むのは諦めていましたが間取り四部屋の内二部屋。
全部屋の日照は望んでいましたが思った以上に陽がはいらずがっかりしました。現在も一階の居間は日中も電気を付け生活をしています。注文住宅の設計を依頼する時は先々の事を考えてお願いするのが良いと思いました。

日照不足、それでも家族の笑顔を齎す注文住宅


現在一人の息子は注文住宅マイホームを持ち独立し、我が家は三人家族で四Kの間取りで生活をしております。
各家族それぞれ部屋がありプライバシーも保たれストレスを感じなく笑顔を絶やすことなく注文住宅マイホーム
に住めて幸せです。

マンション購入時の間取り

我が家の背景


3年前に岡崎市で高気密高断熱を参考に注文住宅を建てました。我が家は家内と社会人の長女、大学生の次女の4人暮らしです。家内の実家と私の実家の中間に位置する立地、子供の通学や私の通勤も考えてちょうど良い場所に購入をしました。

間取りの検討


必然的に子供たちに1人ずつ部屋を与えることになります。問題はベッドを置くかどうかです。私と家内がベッドを置いてしまうとその部屋を完全に潰れてしまうので、結局は布団を上げ下ろしすることによって有効に部屋を活用できるようにしました。もちろん子供たちは初めてそれぞれの部屋を与えられ、ウォーク・インクローゼットなどもあるので非常に利便性が高い生活です。

ライフスタイルの変化


在宅ワークの時間が増えて、私自身が簡易なオフィスを作ることが非常に難しかったので結果的にベッドを利用せず、布団の上げ下ろしは面倒ですが仕事をするスペースを確保できたのは良かったと思います。このようなライフスタイルの変化に備えた間取りの考え方は我が家だけではなく皆さん必要ではないでしょうか。 

ハウスメーカーや工務店の選び方

・ハウスメーカーと工務店の違い

注文住宅を建てる際に、ハウスメーカーと工務店のどちらに依頼すべきかで迷う人が少なくありません。まずハウスメーカーですが、独自のブランドを全国規模で展開している所が多いです。規格も統一されているのでスムーズに施工が進み、品質に対する信頼性は比較的高くなっています。一方の工務店は地域に密着しており、細かい要望にも応えてくれる所が多いです。お陰でハウスメーカーよりも間取りやデザインの自由度が、高かったりします。

・過去に手掛けた家をチェック

ハウスメーカーでも工務店でも選ぶ際は必ず、その業者が過去に手掛けた家をチェックする事が大事です。注文住宅と言っても、必ず望み通りの家を建てられる訳ではありません。だからこそ出来れば自分達が望むマイホームに近い家を建てた実績がある業者を幾つか、候補をとして選び出す事をおすすめします。

・価格比較をしっかり行う

幾ら自分達の理想に近い家を実現出来ると言っても、予算を遙かに超える費用が必要だと意味がありません。だからこそ候補のハウスメーカーや工務店を見付けたら見積もりを依頼して、価格比較を行う事が大事です。こうする事で予算内で岡崎市で高気密高断熱のような理想の我が家を建ててくれる業者を、上手に見付け出す事が出来ます。

マイホームは注文住宅にしてよかった!

1.家族が納得できる注文住宅

マイホームは岡崎市で高気密高断熱を参考に注文住宅を建てたいねぇと家族で普段から話していたので、住宅展示会場へ足を運び、様々な住宅メーカーの建物を見学していました。長く住む家は、予算もある程度決まった注文住宅だと安心できると思い、家族で決めていました。

2.予算オーバーで困った!

実際、注文住宅を建ててみると、長年の憧れのマイホームは、住宅メーカーの方が様々なオプションをご紹介なさるので、色々と追加しくなります。なので、かなりオプション費用がアップして、予算オーバーになりビックリしました。長年ローン返済するのは厳しいので、無理なく返済できるよう、住宅メーカーの方と話し合いながら、オプション追加を押さえました。

3.それでも注文住宅で建ててよかった

オプションをアレコレ追加したので費用はかなりプラスになり、予算オーバーになりましたが、かなり納得できるマイホームを造ることができ、実際に住んでみるとリビングも広々としてリラックスできる環境なので、やっぱり注文住宅にしてよかったなぁと家族で実感しています。

注文住宅で起きたこと

1.家族で家について真剣に考えた

家を建てる時に注文住宅にして良かったと思ったのは家族みんなでどういう家を建てるか真剣に話し合いをしたのが良かったです。おかげでそれまで家に無関心だった家族もどういう家を建てるか考えたことでみんなが納得できる家を建てることができました。

最初は本当にどういう家にするか関心がなかった家族がみんなで岡崎市で高気密高断熱を参考にどういう家にしたいかを話し合ったことで

バラバラだった家族が1つになれたような気がしました。

2.注文住宅だからこその難しさ

注文住宅を建てる時に一番大変だったのはどこをどういう風にするか決めることでした。

そのせいで建売住宅を建てるのとは違って好みの家にできるのは良いのですが、その分家のデザインを考える時に

少し不格好な家になる可能性があるのでそうならないように注意して設計しないといけないのが注文住宅の難しさだと思いました。

3.面倒でも建てて良かった

私が注文住宅を建てて感じたのはやはり面倒だというのがありました。

ですが、面倒でも注文住宅を建てて良かったと思っています。

なぜなら、注文住宅だからこそ個性的で良い家を建てる事ができたと思ったからです。

これは建売住宅にはないものだと思いました。

注文住宅の間取りのこだわり

1、住みたい家とはどんな家か

注文住宅の利点は、間取りが自由に組めることにあると思います。注文住宅を建てると決めてから色々な広告やサイトを見てどの様な間取りの家にするかイメージを膨らませていました。今生活している中で、どこに場所を使っていて、どこを広くしたら生活しやすいかを考えてみたり、住宅展示場をめぐり相談することでできる間取りやできない間取りを勉強したり、理想や夢が膨らみます。

2、実際に間取りを考えてみる

住宅メーカーに間取りを作って貰う前に自分達の理想を形にしようと思い、フリーソフトで間取りを作ってみました。なんとなくイメージしていた間取りを形にすると、思っていたより家の延床面積が広くなってしまったり、無駄なデッドスペースができてしまったりと考えている間取りの問題点が見えて来ました。

3、一番難しいのは夫との意見のすり合わせ

家のどこにスペースを広く取るか、収納の位置、階段の位置、窓の位置、玄関の位置、これらすべて夫と意見が食い違ったところです。あげればまだまだあります。その度になぜこの位置が良いのか、何だったら譲歩できるか、優先順位は何かをひたすら話し合いました。いつも一緒に生活しているはずの夫との価値観の違いをとても感じていますが、なんとか岡崎市で高気密高断熱を参考に理想の間取りが出来上がりました。きっと家が立つ頃には夫婦の絆が深まっているはずです。

リフォームをしたおかげで以前よりも快適な生活ができた

1リフォームしやすい注文住宅


私は家を建てたらいつかはリフォームをしなくてはいけなくなるだろうと考えていました。木造にしないとリフォームをするのが難しくなると友人から聞かされたので注文住宅の構造はコンクリートはやめておきました。リフォームを前提とした注文住宅を建てた方が後でトラブルになりにくいと思いました。また、日本で一番馴染みのあるのが木造住宅だから安心感がありました。全ての家族が賛成したわけではなくて、コンクリート構造にこだわりたいという家族もいました。私が木造住宅にどんな利点があるかを説明して家族に納得してもらいました。

2リフォームが必要になった


岡崎市で新築注文住宅を建てることができて凄く満足していたからリフォームをすることはないかもしれないと想像していました。しかし、何年も住んでいるといろいろと不満が出てきてしまいリフォームをした方がいいと思うようになりました。床の張り替えをした方が清潔になる気がしました。また、キッチンも新しくしたかったです。外壁をリフォームするとお金がかかりそうだったから今回はやめておきました。やっぱり経年劣化をそのまま放置するのはよくないです。新築のようにきれいになるならリフォームにお金を使ってもいいと私は考えます。

3リフォームして正解だった


リフォームしたことでとても新鮮な気持ちで過ごせています。家族みんなが喜んでくれて良かったです。

リフォームを考えた時にしておく事

・仮住まいの準備

岡崎市で新築注文住宅として建てた家もいずれは、リフォームを考えなければなりません。リフォーム中は規模によっては引っ越しを余儀なくされる場合もあります。その時になって慌てて引っ越し先を探してもなかなかいい場所は見つかりません。
リフォーム中というのは、チェックする機会が多くあるため、できたら自宅の近くにいい場所を見つけるようにしましょう。短期間でも契約可能なところなら、簡単に引っ越せるので役立ちます。
そして、忘れてはならないのが郵便物です。転送届を出さなくては、リフォーム中の家に届いてしまいます。
リフォーム中は、仮住まいの場所に届くように手続きをしておきましょう。

・駐車スペースを確保

リフォームを依頼する時には、業者が車を止める場所を確保しておく事も忘れてはなりません。家の前に駐車をされては、近隣の迷惑になってしまうため後々トラブルに発展する事もあります。
自宅の近所に広い駐車スペースがあるか確認するようにしましょう。

・不用品の処分は早めにしておく

リフォームをする時には、不用品の処分は早めにしておくようにしましょう。仮住まいの家に荷物をたくさん運ぶのも困難ですし、リフォームが終わってから処分するにも二度手間になってしまいます。
リフォームを決めた時点で、いらない物を処分しておくと楽に進められます。

土地探しのポイントは?

1.条件を絞っておく

岡崎市で新築注文住宅を建てる際、スムーズに土地探しをするためには、譲れない条件を絞っておくことが有効です。こだわり条件が多過ぎると、なかなか土地が見つからない可能性があります。駅からの距離や面積など、譲れない条件だけに絞れば、選べる土地の候補が増えるため、掘り出し物ともいえる土地と巡り合えることは珍しくありません。

2.建蔽率を調べておく

とても広い土地であっても、建蔽率や容積率が低ければ、予定よりも小さな家しか建てられない可能性が生まれます。建蔽率や容積率というのは、土地購入者の都合で変更できるものではありません。最初から決まっている建蔽率に従う必要があるため、土地購入前にはしっかり確認しておくことが大切です。

3.現地に足を運ぶ

土地を購入する際は、地図で場所などを確認するだけでなく、現地に足を運ぶことも重要です。周辺の環境や土地の高低差、騒音の有無など実際に足を運ばなければ分からないことは多くあります。そのため、気になる土地を見つけた時は、まず現地まで足を運んで問題のない土地かどうかをしっかり確認しておくことが大切です。現地確認の手間を惜しまなければ、本当に満足できる土地を購入できるようになるでしょう。

土地探しは私は駅からやった

1.土地探しの為に

岡崎市で新築注文住宅を建てるための土地を探すことでまず私が重要視したのはやはり立地です。駅からそれなりに近いということが最低条件でした。そして、その駅に関しても通勤に便利であることが大事であり、それは近いというよりは、一本で行けるということがまず大事な要素としてありました。

2.値段との釣り合い

良い土地というのは大抵の人にとっては魅力的な時になってくるわけですがだからといって自分が買えるかというとそうでもないです。やはり自分の財力と釣り合うかどうかというのが土地選びのポイントになることは間違いないので、この場合、最初から足切りの条件として予算を明確に決めておくことが重要です。

3.譲れない条件

土地を購入する際にはやはり自分なりに譲れない条件、というのが明確ですとよりよいです。わたしとしては駅がそれであり、そしてその駅も別に職場に近いことが重要ではなく、職場までのアクセスに重きを置いて探していました。

注文住宅がいいわけ

注文住宅の魅力とは

自分なりのこだわりや、世界に1つだけの家をつくるという想いが岡崎市で新築注文住宅の魅力です。生活スタイルやこだわりを反映できる自由度が高い点も注文住宅の大きなメリットです。

注文住宅における課題:コストとスケジュールの調整

注文住宅の際には、こだわりの強さがコストに直結する問題があります。また、スケジュールの調整も重要な事項であり、そのバランス計画の策定は難しいところです。こだわりたい場合、そのための費用も増えていくジレンマが存在します。

トラブル解決と注文住宅の可能性

注文住宅のトラブルも、良いアイデアや代用素材の調査によって解決できることを紹介します。 何か問題が発生したとき、それを乗り越えて自分の理想の家を建てる過程こそが、注文住宅の魅力であり、その大きな可能性を示すものです。

注文住宅の間取りが重要な理由

1.間取りを間違うと住みにくい家になる

岡崎市で新築注文住宅を建てる時に重要になる事の1つが間取りです。

どのような間取りにするか決めないと家が建たないです。

この間取りを間違えてしまうと家主が望む間取りの家が建ってもそれが住みやすい家とは限らないです。

中には建築業者が関わっているから大丈夫と思う人もいるかもしれないですが、間違いです。

家主が望む間取りの家を建てるのが業者の仕事なので、変な家になる事もあります。

2.間取りはしっかり業者と話して決める

家を建てる時につい自分の考えだけでどういう間取りにするか決めてしまいがちですが、そこは我慢をして

しっかり業者とどういう間取りの家にするか決めないといけないです。

そうすることで実際にその家に住むようになっても不便を感じないです。

3.個性的な間取りにするのもほどほどが良い

せっかく注文住宅を建てるからと個性的な間取りの家にしたいと思う人もいるかと思います。

ですが、あまりに個性的な間取りの注文住宅を建てると自分以外の人に不評ということもあるので

個性を出すのもほどほどのしておくのが無難です。

注文住宅で家を立てて失敗したこと

私は25歳のときに注文住宅で憧れのマイホームを手に入れることができました。

マイホームに住んでもうすぐ7年になりますが、注文住宅で家を建てる上で失敗したこと、公開したことがいくつかありました。

これから注文住宅で家を立てようと考えている人は参考にしていただき、より良いマイホームづくりに役立ててもらえると嬉しいです。

【ライフスタイルが定まる前に家をたててしまったこと】

私は結婚と同時に家を建て、パートナーとの同棲をスタートさせました。

初めての同棲でお互いのライフスタイルの違いを受け入れ合いながらの生活です。

お互いのライフスタイルを受け入れて落ち着くまでに一年くらいはかかりましたが、ライフスタイルが落ち着くと収納の量や導線などが、家を建てる際にイメージしてたものとは変わってしまっていましたが、一度建てた家をたてなおすことはできません。

注文住宅で家を建てる前にある程度同棲してお互いのライフスタイルを理解し合った上でマイホームをたてればよかったなと思います。

【浮かれて話をどんどんすすめてしまったこと】

マイホームを注文住宅で建てると決めてから私もパートナーも少し浮足立っていました。

そのためあまり深く考えずに、キッチンのことや収納などをどんどん決めていきました。

結婚して同棲するまで時間がなかったのもありますが、今考えると細かいところまで悩んで悩んで悩み抜いていればよかったなと思います。

注文住宅で家を建てる際は、可能な限り具体的にマイホームでの生活を想像して、細かなところまでしっかりと相談して建てることをおすすめします。

【夢を詰め込みすぎた】

私は学生時代にバスケットボールをしていたため、裏庭にバスケットゴールがある家に住むのが夢でした。

妻は幼少期からアパート暮らしだったので一軒家に憧れがあり、吹き抜けやリビング階段などたくさんの夢を持っていました。

また二人の共通の趣味であるダーツもリビングでできるようにと、それに合わせた配置にしてしまいました。

実際に暮らしていくうちに子供も生まれライフスタイルも子供中心のものへと大きく変化してしまい、ダーツやバスケをする暇はなくなりました。

いつか子供が大きくなったときにバスケットゴールを使ってくれると嬉しいです。

【しっかり考えて家を建てよう】

色々と失敗もありましたが、やはりマイホームでの生活は幸せです。

これから岡崎市で新築注文住宅を考えている方は、私のように勢いで慌てて家を建てるのではなく、しっかりと考え悩みながら素敵な家を建ててほしいと願っています。

自分だけの世界に一つだけの家を作れるのが注文住宅の醍醐味です。

一生に一度の大きな買い物なので家族としっかりと話し合いながら素敵なマイホームを建ててください。

憧れではありますが…

父の注文住宅とその反省点

20年前、両親が岡崎市で新築注文住宅を建てました。

少し見栄を張る傾向のある父の希望でした。

父は注文住宅を建てることが願望であったため、設計上のプラン等は

ありませんでした。そのため設計はほとんど工務店側の提案通りとなり、

結果的にどこにでもある普通の住宅となりました。

両親は不満なく住み続けておりますので、それが一番ですが。

理想の注文住宅の構想

せっかくの注文住宅ですので、自分たちの趣味や生活スタイルが

より良くなるような設計プランであれば良いと感じました。

実際には家に合わせた生活をしている、という感じでした。

将来、私が注文住宅を建てるのであれば、このような経験を活かしたいと

思います。

情報収集と計画作成への研究

また、こちらのプランがたいしたものではなかったとしても、

そこを補い、夢を膨らませてくれるような設計士さんと出会うことが

できれば、本当に注文住宅を建てて良かったと思えるのでは無いでしょうか。

今はプランもなければ、そのような設計士さんと出会う方法もわかりませんが、

一生に一度の買い物、決して失敗はしたくないとの思いばかりが大きくなっています。

情報があふれる時代、自分に大切な情報収集から始めたいと思います。

私の家

1注文住宅の良さ

みなさん、唐突ですがインテリアショップに行って

ワクワクした経験はありますか?

友人や知人の家に行って、こんな家に住みたい、

自分だったりこんな家にしたいって思ったことはありますか?

岡崎市で新築注文住宅は、自分の理想の家で生活できます。

見るたびに気分の上がるお気に入りのスペース、

もっと素敵にするには・・・と考えるでしょう。

自分の理想に合わせた世界で一つだけの特別な場所で過ごせる、

これが、注文住宅の良さだと私は思います。

2生活リズム

ちょっと私のお話をさせてください。

私は、夫と2人で暮らしています。

いずれ子供も・・・と考えています。

私たち夫婦の性格はとても面倒くさがりなため、

家事をどちらが行うか、毎日のように喧嘩をしていました。

とくに喧嘩が多かった家事といえば洗濯物です。

以前の私たちは2階建てメゾネットのアパートに住んでいました。

1階にリビング・浴室があり、2階に洋室2部屋です。

2階で部屋干しをしていたため、

洗濯機を回したら、2階へ洗濯物を持っていくということが

億劫でなりませんでした。

しかし、今では2階へ浴室を置いたため、

夜にお風呂に入りながら洗濯機を回して、

お風呂から上がったら、

数メートル先のランドリールームへ干すだけです。

よく家事動線を考えて作られている戸建て住宅もありますが、

家庭がある分、生活のリズムもそれぞれだと思います。

3私のお気に入りの場所

注文住宅といえば、まず予算が気になりますよね。

予算内で建てられるようにと、

理想とは程遠く妥協するところもある程度は出てきます。

しかし、理想の生活の「優先順位」を考えながら建てれれば、

妥協も自分が納得した上での妥協になるため、

あとから後悔しません。

それに、今ではSNSを使うことで

たくさんの節約情報を手に入れることが出来ます。

私は毎日ご機嫌でこの注文住宅に暮らしています。

注文住宅は、飽きない家が作れる

好きなデザインの家が作れる

家は、新築に拘る人なら「岡崎市で新築注文住宅」がおすすめです。

建売りより、個性的な家が作れるのでオリジナル感を出せます。

例えば、内装なら「壁紙」を自分好みのデザインにすれば、

楽しく過ごせます。

また、外観も壁、庭など、長く飽きずに住むための工夫が注文住宅は可能です。

部屋のサイズが希望できる

注文住宅の特徴の一つに、「部屋の間取り」を自由に出来る事があります。

決められた間取りより、住みやすく好むはずです。

さらに、収納スペースを増やせたり意外な場所に作る事も出来ます。

オーナー様の希望が詰め込まれた家作りは、注文住宅ならではの魅力になります。

狭い土地を有効に使える

普通の家は、建物のサイズ、規模がほぼ決まっている状態で作られる感じです。

土地の広さに合わせて作るため、ある程度の土地サイズが必要です。

しかし、注文住宅なら、「狭い土地」でも作る事が出来ます。

3階建ての家にすれば、狭い土地が有効に使える訳です。

オシャレな3階建ては、若い夫婦に好評で希望する人も増加中です。

注文住宅は、不利な条件の中でも希望する家が作れるので検寸する価値は十分あります。

広いバルコニー付き住宅が憧れに

★馴染み深かった住宅展示場

子供の頃は良く景品目当てで近隣にある住宅展示場を訪れるのが大きな楽しみの一つでした。最初は景品だけに夢中になっていたのですが、両親と共に何度かモデルハウスの中を見て回るうちに、居心地良く快適な間取りやインテリアに少しづつ憧れを抱く様になり、それも新たな楽しみとなっていきました。

陽の光を全身に浴び寛げる広いバルコニーやベランダは特にお気に入りで、将来岡崎市で新築注文住宅を建てるならこの点だけは譲れない・・・密かにそんな願望も抱く様になりました。

★日照条件で探すとアクセス条件が大変に

やがて結婚し子供を設け、本格的なマイホーム探しをスタート事となりましたが、やはり子供の頃からの憧れは広々寛げ趣味の園芸も楽しめる広大なバルコニーでした。当然日照の良い土地を求める事となった訳ですが、良い条件の土地は多くが最寄駅から遠い丘の上や高台にあり、アクセス利便性を両立出来る土地を選ぶのにかなり苦労しました。ただ時間を掛け念入りに探した結果、地下駅のほぼ直上に日照良い丘が位置するロケーションに土地が見付かり、念願の日照豊かなバルコニー付き住宅を建てる事が出来ました。

★わがままを通してしまったが・・・

正直自分のわがままを押し通す結果となってしまいましたが、幸い家族にも十分気に入って貰え、かつて通ったモデルハウス同様、快適・有意義なマイホーム生活を手に入れる事が出来ました。丘の上なので通風も良く、洗濯物も良く乾くと好評です。

モデルハウスが買えるって本当?

1.モデルハウスの魅力

モデルハウスはいわゆる一戸建てのサンプルなわけですが、サンプルという割にはサンプルではないと私は感じます。なぜなら、モデルハウスの方が、新築一戸建てで販売されている家より大きいからです。しかも、モデルハウスだけあって、フルオプションで見学に来る人が素敵だなと思うポイントをうまくついています。家を買いたいと思う年代は、30代、40代です。そうなると、子供の教育費などがかかり始める頃と重なるので、現実的には、余程、経済的な余裕がある人でなければフルオプションにはしないと思います。だから、夢の岡崎市で新築注文住宅よりも、モデルハウスの方が豪華なのは当然のことかと思います。

2.モデルハウスは買えるって本当?

結論から言えば、買えます。いわゆる最新式のモデルハウスではないですが、毎年のようにバージョンアップしていくので、最新版でなければモデルハウスを買う意味はないと思わない限りは買うことはできます。ただし、よく言われることとして、モデルハウスは多くの人が出入りして、棚などの設備を触れていますので、傷などはたくさんついていると言われています。また、家の間取りや設備を顔の知らない他人が知っているのはちょっとという人もいます。個人的にはいちいち覚えている?と思ったりもしますが、そういう点が気になる人は買えるとしても、買わない方が良いかもしれません。

3.実際に住んでいる人の家に行ってみて。

知り合いがモデルハウスを買いました。土地を用意して、そこに移築しました。お呼ばれして家も見せてもらったのですが、私は傷が多いなとかは全く思いませんでした。それよりも普通の一戸建てよりも広い、これこそ多くの人が夢見る広さの一戸建てだよねと思いました。治安上のことを言われたら、何とも言えませんが、知り合いのように移築してしまえば、問題なさそうです。タイミングが合って、モデルハウスを買うことができるのなら、私は迷わずモデルハウスを買うと思います。

使いやすいキッチン

私は楽しみにしていた岡崎市で新築注文住宅を作ることができました。注文住宅というのは、なんと言っても自由にできるところがいいですね。特にキッチンについてはこだわりを持っていたので、その点についてお話します。

・動線が使いやすい

仕事をしているので、使いやすいキッチンが一番いいと思っていました。そこで使いやすいと言うと、洗濯機が近くにあるキッチンにしたのです。せんたくをして、時々時間がある時には料理もしています。時間を有効に使うことが出来るので、仕事から帰ってきた時でも家事が楽になっています。

・掃除をしやすい

掃除をしやすいキッチンは,とてもいいですね。以前に使っていたところは、なかなか汚れを取ることができなかったので困っていました。そこで、拭き取りやすいキッチンにすることにしました。汚れてもさっとふけばいいのでとても楽になりました。

・色が好き

私の家のキッチンは、シックな色のブラウンで統一しています。ブラウンだと、汚れが目立たないことと。落ち着くのでとても気にいっています。年をとっても使いやすい,そんなキッチンです。

モデルハウス見学での衝撃

1.衝撃を受けた玄関


いつか、岡崎市で新築注文住宅を建てててみたいと思い、モデルハウスの見学へ行きました。そこで玄関の電子錠と人感センサーを見てかなりの衝撃を受けました。田舎の家の玄関ぐらいしか知らなかった私には未来の世界に来たように思えました。とても快適そうで、車のキーがスマートキーになった時の快適さに匹敵すると思いました。玄関の電子錠は、ドアノブに付いているボタンを押すだけで解除できます。鍵についているボタンを押すだけでも解除できます。人感センサーの照明は、夜中にトイレに起きた時に自然に点灯してくれます。暗い時間帯に帰宅しても玄関を自動で照らしてくれます。部屋から暗い玄関に向かう時も同様に自動で明るく照らしてくれます。

2.思わぬ家族の反対

電子錠が信用できないとか、慣れ親しんだ今までの方がいいと反対されました。こんなに便利なのに反対する人がいる事に驚きました。不要ならオフに出来るスイッチがありますので押しました。

3.結局慣れてくれた

しばらく反対されましたが、なんとか慣れてくれました。新しいシステムは、小まめに消す事も自動でやってくれますので、無意識で電気代の節約にもなっています。

モデルハウスを夢で終わらせないためには

子供時代、親と一緒にモデルハウスをよく見に行っていました。

私は小学校の時に、モデルハウスの家の中を見に行くのが好きでした。なぜかというと、昔からインテリアが好きで、部屋の間取りを見ては、ここにこうしてのように、デザインインテリアのシミュレーションができたからです。いつか岡崎市で新築注文住宅を建ててモデルハウスのような家に住みたいと心の中で思っていました。

大人になり家族ができて念願のモデルハウスを建てました。

大人になった私は家族を持ち、念願のモデルハウスを建てることができました。しかし、実際イメージしていた通りのインテリアを揃えることができず、大変な時もありました。意外とインテリアを探す時間がかかり、思うような家づくりができなかったのです。

それでも念願のマイハウスを建てれたことを感謝しています。

理想の家づくりは難しいですが、それでも私らしいマイハウスを目指して頑張っています。理想の家具はまだ揃っていませんが、理想の家はできているのです。これからゆっくりと時間をかけるのも大事だと思うようになりました。マイハウスは自分の好きなようにできるのがいいところです。夢はかなったことをまず喜びたいです。

クオカードがもらえる、モデルハウス見学はいいこと尽くめ

◇モデルハウスはお宝ばかり?

突然ですが、モデルハウスはお好きですか?私は大好きです。

なぜなら「クオカードや図書カードがタダでもらえる」から。ただ足を運んだだけで、これらのお宝がゲットできるなんて、行かない方がもったいないですよね。

◇将来のおうちが発見できる

しかもモデルハウスの良いところは「住まいづくりのヒントが貰える」ということ。注文住宅のノウハウがみっちり詰まっているので、タダで住まいのあれこれを勉強できます。

岡崎市で新築注文住宅を建てたい!

けれども、どんな家がいいか、よくわからない

そんな方にとって、モデルハウスはオススメです。住まい作りの勉強をしつつ、効率よく金券をゲットできる。こんなにイイことはありませんよね。

◇まずは気軽に足を運んでみよう

モデルハウスは日本中のお客さんに、まずは足を運んでもらおうと、ハウスメーカーがおいしい餌を用意しています。クオカード、図書カード、アマゾンのギフトカード。会社によってもらえるカードの種類は異なるのですが、簡単なアンケートに答えるだけで、これらのチケットを無料でもらうことができるなんて、とってもおいしいですよね♪

次の週末…家族でモデルハウスを見に、まずは出かけてみませんか?