理想の家

注文住宅で起きたこと

1.家族で家について真剣に考えた

家を建てる時に注文住宅にして良かったと思ったのは家族みんなでどういう家を建てるか真剣に話し合いをしたのが良かったです。おかげでそれまで家に無関心だった家族もどういう家を建てるか考えたことでみんなが納得できる家を建てることができました。

最初は本当にどういう家にするか関心がなかった家族がみんなで岡崎市で高気密高断熱を参考にどういう家にしたいかを話し合ったことで

バラバラだった家族が1つになれたような気がしました。

2.注文住宅だからこその難しさ

注文住宅を建てる時に一番大変だったのはどこをどういう風にするか決めることでした。

そのせいで建売住宅を建てるのとは違って好みの家にできるのは良いのですが、その分家のデザインを考える時に

少し不格好な家になる可能性があるのでそうならないように注意して設計しないといけないのが注文住宅の難しさだと思いました。

3.面倒でも建てて良かった

私が注文住宅を建てて感じたのはやはり面倒だというのがありました。

ですが、面倒でも注文住宅を建てて良かったと思っています。

なぜなら、注文住宅だからこそ個性的で良い家を建てる事ができたと思ったからです。

これは建売住宅にはないものだと思いました。

家族の憧れの家

【遊園地のような場所】

子どもの頃家族とよく行っていた思い出があります。小さい頃はモデルハウスという認識はなく、外には風船があったり遊び場があったりテーマパークのようで、中に入ると綺麗なかわいいお家に招待されたような感覚でした。スリッパをはいて階段を上ったり、いろんな部屋を見て回るのがとても楽しかったです。

【住んでみたいお家】

そんなモデルハウスも何回か訪れるうちに、「上尾市で高気密高断熱のようなこんな家に家族で住んでみたいなぁ」という憧れが強くなり、キッチンのデザインやバスルームのお洒落さに感動して、新築注文住宅を建て、自分が住んでいるのを想像し、すごくテンションが上がっていました。モデルハウスは私の憧れのお家に変わっていました。

【素敵な未来】

大人になった今でも、モデルハウスに行く機会を見つけて家族で是非訪れてみたいです。家族と幸せに暮らせる未来を作ってくれる素敵な家を、自分で想像しながら見つけることができる、幸せな空間だからです。そして、家族との絆を深める場所でもあるからです。

ハウスメーカーへの依頼でも満足できる

1.家を建てるならば

住宅を建ててもらう方法というのはいくつかあるのですが、要するにどこに依頼するのか、ということによって色々とメリット、デメリットがあるわけです。そこで私はできれば美濃加茂で新築注文住宅をお願いしたいなぁと思っています。理由はそんなに難しい話ではなく、安心できるからです。

2.基本的には大きいので安心

ハウスメーカーというのは家を作ってくれる業者としてみると町の工務店とかそういうレベルではなく全国的にやっているというところが該当するわけですから、色々な利点があります。スケールメリットが期待も出来ますし、色々なノウハウが蓄積されていることは間違いないでしょうから安心できます。会社の財務的なことからも変なトラブルに巻き込まれるここともないでしょうから安心できるでしょう。

3.ハウスメーカーでも自由度はある

プランが色々とあったりしますし、建材とか設備から好きなタイプのものを選択していくことによって、ハウスメーカーで家を作ったとしても自分の理想に大分近づけることができるでしょう。完全注文住宅というわけではないのですが、それでも理想の住宅を手に入れることができると、ハウスメーカーでは出来ると思っています。

癒しのキッチン

1.私の好きな色


 桜のが終わり、目に優しい緑が広がる季節になりました。爽やかな空気と共に新芽の緑に包まれるこの季節がとても好きです。家の中ではどうしたって台所に立つ時間が長いんです。私のキッチンはこの緑を基調にしたいな・・。そうなると、どうしたって上尾市で新築注文住宅でしょう。新築は無理でも、きっとこの台所くらいならどうにかなるのではないかしら。そう思って、貯金通帳と睨めっこをしました。パート先の純ちゃんのご主人が偶然にも一人大工さんでした。白やモノトーンの方が汎用性があるみたいだけど、若葉色のシステムキッチン入れられるかの相談に乗ってもらう約束をしました。

2.ショールーム巡り


 今は、コロナも幾分下火というか、withコロナの時代なのでHPから予約を入れてマスク装着、検温、手指消毒で中に入れてもらいました。一番の注目は、勿論、目に優しい緑で統一すること。3件めぐったシステムキッチンのショールームはいずれも私好みの緑系はキッチン、壁となるボードまでの用意は存在していました。色だけで選ぶのなら絶対にA社!とピンときました。この緑に包まれたらどんなにゆっくりした気持ちになれるでしょう。棚もボタン一つで上げ下げできるのです。ガスにしようか、電気にしようかしら。コンロの口はピリッと黒というのも案外モダンでした。予算の範囲で賄えそうです。

3.得意な取引先


 建設業者さんによって得意とするメーカーさんがあるのだそうです。純ちゃんのご主人が主に取引きしているのはB社。そこを選べば、定価から3割も引いた価格で施工してくださるとのことでした。でも、私にはどうしても譲れない色があります。ずっとその中に居たいと思ってのリフォームだったので、やはり、A社で貫きました。施工は、相談からよく対応してくださった純ちゃんのご主人にお願いすることにしました。A社を選んだのに1割5部引きまで奮闘して頂きました。


4.完成・Ever Greenキッチン


 大工さんの仕事を脇から見るのって、楽しいものですね。古いキッチンが取り払われて新しい物と入れ替わるのって寸法さえ間違いがなければパズルのようです。でも、壁のパネルの一部の色が私の注文と違って届けられていました。もし、取り換えたら工期が大幅に遅れてしまいます。そこのパネルは冷蔵庫で隠れる所に貼り付ける提案を受けました。パネル代金が大幅値下げ!というのを受けて了承しました。
 熱波の夏も、少し寂しくなる秋口も、いてつく冬も私の台所はEver Green!です。少しだけ濃い色の壁も冷蔵庫の裏で深緑色よ!と微笑んでいます。この爽やか癒しのキッチンで、私は美味しいピクルスを漬けましょう。

将来的に考えるリフォーム

●家族生活の変化


現在は4 LDKのマンションに娘2人も含めた4人の生活です。娘たちが独立したときにはぜひとも家内と2人で30年以上をゆっくりできる刈谷市でリフォームを考えたいと思います。快適さ、そして趣味をいかに楽しむかを目的としたリフォームです。 

●趣味を楽しむためのリフォーム


私が考えるリフォームは何といっても、1部屋を防音、または吸音にし、85インチの壁掛けテレビを設置。趣味であるスポーツ観戦、競馬中継、映画鑑賞を楽しむようにしたいと思います。もちろん、部屋全体が音響効果が出るような加工もぜひとも試してみたいです。家内と2人で十分に楽しむことができるような正しくホームシアターが理想です。自宅にいながら映画を楽しむ、こんな素晴らしい趣味はありません。 

●快適さ


大幅なリフォームは難しいと思いますが、お風呂は大きく変えていきたいと思います。浴槽を少しでも大きくすること、冷暖房を完備し、より長時間お風呂で楽しむことができること。さらには、照明設備まで整えて自らの希望で照明を付け替えながら入浴時間をフルに楽しむことができるようにしたいと思います。

私の新築体験談

1.大きな決断

結婚して、子供も増えて、賃貸住宅では手狭になったころ、お金に少し余裕が出てきて、私はあることを決心しました。それは自分の家を建てることです。今までの賃貸住宅でも、立地条件・ご近所づきあいなど、特に問題はなかったのですが、やはり家族が増えたこと、自分だけのマイホームを持ちたいという夢があり、私は家を建てることを旦那と話し合いました。最初は、金銭面、特に支払いについての不安がありましたが、旦那も最後には折れてくれて、一緒にマイホーム論争を繰り広げていました。

2.夢がふくらむ理想のハウス

いざ、家を建てることになって、家について研究を楽しむ日々。家のカタログを漁ることはもちろん、今まで見ていなかった周りの家をじっくりと眺めることもしばしばありました。そして、個人的に1番参考になったのが、家の見学会でした。正直に言えば、モデルハウスは私にとっては豪邸すぎて、参考にならないかなと感じていました。しかし、実際に行って見学してみると、専門のスタッフの方が丁寧に説明してくれるので、初めて家を建てる私としてはとても良かったです。なにより、家具のブランドや照明の配置場所など、家の住空間ついて参考になりました。また、建て売りの見学会は、家の外壁・内装など、身近な家でありながら、既に建てられた状態のものを実際に見ることができるので、こちらも非常に参考になりました。

3.夢が叶ったマイホーム

自分たちにとって住みたい場所を決めて、たくさんの家を見学しました。私の場合は、モダンな家を建てたかったので、見学会でモダンな雰囲気が得意な宇都宮で新築注文住宅を依頼。中古住宅も視野に入れていましたが、予算内でありながら、個人的には好条件の分譲地を見つけることができたので、新築を建てることに決めました。ハウスメーカーさんで依頼すると、営業の方と設計士の方と一緒に、予算と相談しつつ、何度も話し合いを行いました。だいたい1年ほど経ったころ、家の設計と料金も確定し、工事が始まります。そして、とうとう夢のマイホームを建てることができました。モダンな雰囲気で、畳の和室もあり、私達夫婦にとって、まさに理想の家を建てることができ、とても幸せです。

家族でモデルハウス見学しています

1.モデルハウス見学

私は子供の頃からモデルハウス見学するのが大好きでした。なぜなら、憧れのマイホームを家族でワイワイ言いながら見学するのは最高に楽しいですし、やはり夢があります。

2.モデルハウスの思わぬハプニング

実際、モデルハウスを見学していると良い部分しかチェックしないので、実際にプランを立ててみると、かなり予算オーバーになるのでびっくりしました。モデルハウスは素敵な憧れのマイホームになっているから、色々とオプションをつけると高額になってしまうので、どの部分を抑えて予算オーバーにならぬように調整するのが大変だと感じました。

3.お気に入りのマイホーム

モデルハウスを見学したあとに沼田市で新築注文住宅を建設することになりましたが、やはりじっくりと話し合ったことで、かなりお気に入りのマイホームができました。ポイントは玄関は広々として日差しが入るようにしたことで、とても明るい玄関になりました。玄関はまず家に入る時、お出迎えする場所なので明るい雰囲気のところが良いなぁと思い、そこは妥協せずにお気に入りのマイホームは明るいのをポイントにしました。

注文住宅がいいわけ

注文住宅の魅力とは

自分なりのこだわりや、世界に1つだけの家をつくるという想いが岡崎市で新築注文住宅の魅力です。生活スタイルやこだわりを反映できる自由度が高い点も注文住宅の大きなメリットです。

注文住宅における課題:コストとスケジュールの調整

注文住宅の際には、こだわりの強さがコストに直結する問題があります。また、スケジュールの調整も重要な事項であり、そのバランス計画の策定は難しいところです。こだわりたい場合、そのための費用も増えていくジレンマが存在します。

トラブル解決と注文住宅の可能性

注文住宅のトラブルも、良いアイデアや代用素材の調査によって解決できることを紹介します。 何か問題が発生したとき、それを乗り越えて自分の理想の家を建てる過程こそが、注文住宅の魅力であり、その大きな可能性を示すものです。

こだわりの間取りの注文住宅完成

1.間取りの良い注文住宅モデル

たまたま自宅に入ってきたチラシを見て、近くでモデルハウスの展示会が開かれているのを見て、足を運んでみることにしました。マイホームはまだまだ先のことと思っていましたが、中に入ってみると、間取りが本当に良くて工夫されており、こんな間取りの家に住みたいという気持ちになってしまいました。それからというもの、マイホームをもっと早く購入できないか、真剣に考えるようになりました。

2.ついに業者と間取りの打ち合わせ

そして月日が流れ、ついに前橋市で新築注文住宅の購入のための業者との打ち合わせが始まりました。間取りにはこだわりがあり、家族が集まりやすく、接しやすい、風通しの良い家づくりをしたかったので、できるだけ壁を作らないようにしたいと思っていました。何度も話し合い、時には疲れて考えるのも嫌になったときもありましたが、それでも少しずつ前に進み、理想の家に近づくための家づくりは完成に向かいました。

3.家づくり完成の時の感動

苦労しながらもついに完成し内観したときには、こだわりの間取りが実現しただけに感動ですし、本当に風通しがよくコミュニケーションがしやすいマイホームになりました。注文住宅の素晴らしさを実感しています。

注文住宅では打ち合わせが大切

・打ち合わせが重要な理由

五泉市の新築注文住宅で理想の家を建てたいと考えたときには、打ち合わせが何よりも大切です。打ち合わせできちんと理想を伝えられなければ、家造りに失敗するかもしれません。どうせ建てるのですから、やはりここはしっかりと打ち合わせをしておきたいものです。

打ち合わせというのは、単にデザインを決めるだけではありません。土地探しや予算についても話し合うことが必要なのです。

・打ち合わせのときにはサンプルもチェック

よくある失敗としては、打ち合わせのときに、写真のみで判断することです。ですが、色や質感というのは実物を見なくては判断ができないものです。

打ち合わせのときには、実際にサンプルに触れてから決めるといいでしょう。

・打ち合わせの内容は記録しておく

注文住宅での打ち合わせは、想像以上に量が多いため、すべて記憶しておくことは不可能といえます。打ち合わせのときには、すべてメモるようにするのがうまくいくコツです。

ですが、メモだと話すスピードに追い付かない可能性がありますよね。そんなときには、スマホの録音機能などを使って記録に残しておくのがおすすめです。

注文住宅で家を立てて失敗したこと

私は25歳のときに注文住宅で憧れのマイホームを手に入れることができました。

マイホームに住んでもうすぐ7年になりますが、注文住宅で家を建てる上で失敗したこと、公開したことがいくつかありました。

これから注文住宅で家を立てようと考えている人は参考にしていただき、より良いマイホームづくりに役立ててもらえると嬉しいです。

【ライフスタイルが定まる前に家をたててしまったこと】

私は結婚と同時に家を建て、パートナーとの同棲をスタートさせました。

初めての同棲でお互いのライフスタイルの違いを受け入れ合いながらの生活です。

お互いのライフスタイルを受け入れて落ち着くまでに一年くらいはかかりましたが、ライフスタイルが落ち着くと収納の量や導線などが、家を建てる際にイメージしてたものとは変わってしまっていましたが、一度建てた家をたてなおすことはできません。

注文住宅で家を建てる前にある程度同棲してお互いのライフスタイルを理解し合った上でマイホームをたてればよかったなと思います。

【浮かれて話をどんどんすすめてしまったこと】

マイホームを注文住宅で建てると決めてから私もパートナーも少し浮足立っていました。

そのためあまり深く考えずに、キッチンのことや収納などをどんどん決めていきました。

結婚して同棲するまで時間がなかったのもありますが、今考えると細かいところまで悩んで悩んで悩み抜いていればよかったなと思います。

注文住宅で家を建てる際は、可能な限り具体的にマイホームでの生活を想像して、細かなところまでしっかりと相談して建てることをおすすめします。

【夢を詰め込みすぎた】

私は学生時代にバスケットボールをしていたため、裏庭にバスケットゴールがある家に住むのが夢でした。

妻は幼少期からアパート暮らしだったので一軒家に憧れがあり、吹き抜けやリビング階段などたくさんの夢を持っていました。

また二人の共通の趣味であるダーツもリビングでできるようにと、それに合わせた配置にしてしまいました。

実際に暮らしていくうちに子供も生まれライフスタイルも子供中心のものへと大きく変化してしまい、ダーツやバスケをする暇はなくなりました。

いつか子供が大きくなったときにバスケットゴールを使ってくれると嬉しいです。

【しっかり考えて家を建てよう】

色々と失敗もありましたが、やはりマイホームでの生活は幸せです。

これから岡崎市で新築注文住宅を考えている方は、私のように勢いで慌てて家を建てるのではなく、しっかりと考え悩みながら素敵な家を建ててほしいと願っています。

自分だけの世界に一つだけの家を作れるのが注文住宅の醍醐味です。

一生に一度の大きな買い物なので家族としっかりと話し合いながら素敵なマイホームを建ててください。

憧れではありますが…

父の注文住宅とその反省点

20年前、両親が岡崎市で新築注文住宅を建てました。

少し見栄を張る傾向のある父の希望でした。

父は注文住宅を建てることが願望であったため、設計上のプラン等は

ありませんでした。そのため設計はほとんど工務店側の提案通りとなり、

結果的にどこにでもある普通の住宅となりました。

両親は不満なく住み続けておりますので、それが一番ですが。

理想の注文住宅の構想

せっかくの注文住宅ですので、自分たちの趣味や生活スタイルが

より良くなるような設計プランであれば良いと感じました。

実際には家に合わせた生活をしている、という感じでした。

将来、私が注文住宅を建てるのであれば、このような経験を活かしたいと

思います。

情報収集と計画作成への研究

また、こちらのプランがたいしたものではなかったとしても、

そこを補い、夢を膨らませてくれるような設計士さんと出会うことが

できれば、本当に注文住宅を建てて良かったと思えるのでは無いでしょうか。

今はプランもなければ、そのような設計士さんと出会う方法もわかりませんが、

一生に一度の買い物、決して失敗はしたくないとの思いばかりが大きくなっています。

情報があふれる時代、自分に大切な情報収集から始めたいと思います。

一生の宝物を妻と作り上げることができました

1結婚を機に

結婚してから3年、そろそろマイホームが欲しいと妻と話し合っていました。

私はどちらかと言えば賃貸でも良いと思っていたのですが、妻は幼少のころからマイホームに強い憧れを抱いていました。また、ファッションなども好きなのでこだわり抜いた家が欲しいと。

だったら前橋市で新築注文住宅という形で進めてみようかと、二人で話し合い家を建てることにしたのです。

2 時間がかかる

いざ実際に取り掛かると、ものすごく時間と労力がかかります。

一生住む建物の間取りですから、悩まないはずがありません。

2人で後悔しないようにとにかく話し合いながら慎重に家づくりを進めていったことを覚えています。

3 一生の宝物

こうして約1年ほどの時間を掛けて、自分たちだけの家を建てることができました。

自分たちの好みや必要性を反映させた世界に一つだけの宝物のような気持ちになりました。

これからこの家でどんな暮らしが待っているのだろうと胸をワクワクさせながら。

妻も自分が納得のいく形で一生の住まいを持つことが出来てとても喜んでいます。

時間はかかりましたが、納得のいく形になって本当に良かったです。

愛着の湧く家作り

私は、彦根市で新築注文住宅を家を建てることになりました。

私の周りの知り合いで注文住宅を建てた人が居なかったために、建ててみるまでどうなるのか分からず、不安な部分がありましたが、建ててみて、とても満足できる結果になりました。

●大事にしたい気持ちが高まる家

注文住宅での家作りは、家を建てる前から自分も一緒に家作りに携わることができます。

土地を探すところから始まり、間取りを決め、収納の棚の高さや、コンセントの位置決めまですることになり、住み始めてみても、「この場所、結構こだわって作ったんだよなー」と、思い出すことができ、長く大事にしたいという気持ちをいつまでも持ち続けることができます。

●模様替えも楽しくなる家

間取りを把握しているため、模様替えもしやすいです。

子どもの成長に合わせて、収納場所を変えてみたり、気分転換もしやすく、住続けてと飽きることがないのが注文住宅の良いところだと感じます。

●子どもが喜んでくれると親も嬉しい

注文住宅を建てたときには子どもが居なかったのですが、新しい家での子育てで、子どもが大きくなり、家の中でかくれんぼをしたり、窓の外を一緒に眺めたりしていると、「この家を建てて良かったな」としみじみ思うことができます。

家族が笑顔になれる注文住宅を建てることができ、本当に幸せです。

憧れの注文住宅に住み始めて気づいたこと

家を田原市で建て替え、憧れの注文住宅に住み始めてから数年経っていますが、理想としていた空間を手に入れることができているため、満足しているけど、ちょっと気になる部分とかが幾つかあったので、今からそのことについて話をしていこうかなと思っています。

①理想通りの空間の中で住める注文住宅

こちらの要望通りに住まいの中の空間をつくってもらうことができつつ、健康的かつ豊かな暮らしをすることができる空間を手に入れることができております。

友人が先に注文住宅に住んでいて、前々からこっちも注文住宅に住むぞと決め、家族に相談して承諾が出て動き出し、理想の住まいを手に入れることができています。

②要望通りにうまくいかなかった部分も幾つかありました

理想の住まいを手に入れることができていますが、内装の部分で異なるつくりの部分がいくつかあって、そこに関しては依頼を出したところの職人の方が対応しきれなかった部分があった感じです。

ほんの少しの部分なので、気にはなりませんが、こちらの要望もうまく通らないこともあるということに気づいたので勉強になったのです。

③快適な空間の中で生活をすることができているのは確かです

注文住宅を手に入れてからは家族とかも笑顔が多くなり、快適な暮らしをすることができているため、満足しています。

理想の空間を手に入れるだけでガラリとかわる部分も出てきますし、気持ちに余裕を持つことができています。

私の家

1注文住宅の良さ

みなさん、唐突ですがインテリアショップに行って

ワクワクした経験はありますか?

友人や知人の家に行って、こんな家に住みたい、

自分だったりこんな家にしたいって思ったことはありますか?

岡崎市で新築注文住宅は、自分の理想の家で生活できます。

見るたびに気分の上がるお気に入りのスペース、

もっと素敵にするには・・・と考えるでしょう。

自分の理想に合わせた世界で一つだけの特別な場所で過ごせる、

これが、注文住宅の良さだと私は思います。

2生活リズム

ちょっと私のお話をさせてください。

私は、夫と2人で暮らしています。

いずれ子供も・・・と考えています。

私たち夫婦の性格はとても面倒くさがりなため、

家事をどちらが行うか、毎日のように喧嘩をしていました。

とくに喧嘩が多かった家事といえば洗濯物です。

以前の私たちは2階建てメゾネットのアパートに住んでいました。

1階にリビング・浴室があり、2階に洋室2部屋です。

2階で部屋干しをしていたため、

洗濯機を回したら、2階へ洗濯物を持っていくということが

億劫でなりませんでした。

しかし、今では2階へ浴室を置いたため、

夜にお風呂に入りながら洗濯機を回して、

お風呂から上がったら、

数メートル先のランドリールームへ干すだけです。

よく家事動線を考えて作られている戸建て住宅もありますが、

家庭がある分、生活のリズムもそれぞれだと思います。

3私のお気に入りの場所

注文住宅といえば、まず予算が気になりますよね。

予算内で建てられるようにと、

理想とは程遠く妥協するところもある程度は出てきます。

しかし、理想の生活の「優先順位」を考えながら建てれれば、

妥協も自分が納得した上での妥協になるため、

あとから後悔しません。

それに、今ではSNSを使うことで

たくさんの節約情報を手に入れることが出来ます。

私は毎日ご機嫌でこの注文住宅に暮らしています。

「好き」に囲まれる暮らし

1.家探し~予想外の注文住宅との出逢い~

遡ること約1年前。娘が1歳半になる頃に私たち家族は憧れの安城市で新築注文住宅を建てました。

とはいえ、家探しを始めた当初は、「子どもも産まれたことだしそろそろ持ち家が欲しいな~」という軽い気持ちで、まさか自分たちが注文住宅を建てることになるとは思ってもみませんでした。

注文住宅は打ち合わせなど多大な時間と手間がかかると同時に、マンションや建売に比べて費用も膨大に掛かると思っていたからです。

しかし、ひょんなことからご縁のあった地元の住宅メーカーの営業の方から現在の土地を紹介してもらい、色々とお話を聞いている内に「注文住宅も意外と夢じゃないのかな…?」という気持ちが湧いてきて、あっという間に契約にまで至りました。当時の夫と私の行動力や決断力は我ながらすごかったなと思います。

2.家ができるまで

無事に契約まで終えると、毎週末住宅メーカーに出向いて、数時間に及ぶ打ち合わせ、平日は持ち帰った課題と向き合う日々が始まりました。昔からモデルハウスを見たりインテリアを考えたりすることが好きだった私にとって、この時間は大変だと感じることは全くなく、楽しくて夢いっぱいの幸せな時間でした。

打ち合わせが完了して家が出来上がっていく過程を見られたことも人生においてとても貴重な経験になりました。

3.「好き」に囲まれた現在の暮らし

キッチンや壁紙など、何をとっても自分が「好き」と思えるものを心を込めて選んだ今の家は毎日を豊かにしてくれる、私にとって最高に幸せな空間となりました。間違いなく注文住宅でなければ叶えられなかったなと思います。予想外だった注文住宅との出逢いに心から感謝です。

リフォームをする良さは何か

1.リフォームをすることで新しい家に住む気分になる

刈谷市でリフォームするメリットの1つは家をリフォームすることで古い家も新しい見た目の家になる点です。

それで新たに家を建てるよりも少ない予算で綺麗な家で住む事ができるようになります。

なので、家をリフォームするメリットは思った以上にある事になります。

2.リフォームをすることで設備が新しくなる

同じ家に長く住んでいると家のいろんなものが古くなります。

ですが、リフォームをすることで家のあらゆるものが最新の機器にできるので単に家を新しくするだけでなく

より住みやすい家にできるというのがあります。

3.リフォームで家の気に入らなかったところを改善できる

家のリフォームをすることで得られるのは単に家が新しくなるだけでなく

それまで住んでいた家で気に入らないと思っていたところもリフォームをすることで改善できるようになります。

なので、家をリフォームするのは単にそれまで住んでいた家が綺麗になるだけでなく機能面でも見た目でもより納得できる家にできるというメリットがあります。

モデルハウスを見て憧れたところ

1.初めてのモデルハウス

私が初めてモデルハウスを訪れたのはおそらく小学6年生くらいの時です。両親が注文住宅を建てるということで家族で旅行気分で見に行きました。その時住んでいたのは祖母のうちで、当時築35年ほどの平屋でした。その時は、田原市でリフォームも考えていましたが、初めてモデルハウスを見た時はなんてキレイな家なんだと感動すら覚えたものです。

2.こういう家に住みたい!

モデルハウスですからキレイなことは当たり前かもしれませんが、このような家が自分の家になるのかもしれないと思うとワクワクしました。自分の部屋がなかったので、それができることも楽しみでした。そして自分なりに絵を描いて、どんな家具を配置しようかと妄想を膨らませました。

3.今は憧れが現実に

現在は、当時建てた注文住宅に住んでいます。念願だった自分の部屋もあり、今もそこでこの記事を書いています。住宅街のような地域なので静かでお気に入りの場所となりました。この家にはモデルハウスを参考にしたところも端々にあり、曲線的なリビング階段などがそうです。願わくば今から100年、頑丈にもってほしいですね。

コーヒーをモデルハウスでこぼしたら

1、はやく観たいけど

 彦根市で新築注文住宅を建てるか、モデルハウスを購入するか考え始め、まずモデルハウスを観たいとなると、その施工会社との面談からはじまります。いきなり観たいところですが、アンケートに答えたりと20分は説明についやします。施工会社の商品の魅力に関する説明をひととおり聞きながらモデルハウスの玄関が開かれるのです。大好きなアーティストのコンサートのはじまりと感覚は同じです。

2、家具や内装で夢うつつ

 モデルハウス内はあらゆる灯りに照らされてますので玄関に入った時点で歓声をあげてしまいます。この壁の装飾は追加工事(オプション)だろうな、この寝室の家具ちいさめのものを配置していてのかなと感じつつこんな感じで生活を送ることを頭に描きます。

3、コーヒーをモデルハウスでこぼしたら

 わたしは夢うつつになっても現実とのすり合わせを怠りません。担当のスタッフさんにこれはオプション仕様であるのか、キッチンの内装をどこまでしてただけるのかを確認します。数件のモデルハウスを見学したなかで、本気で購入したくなれば、ベランダに出てベランダと外壁の確認をします。

 ここに住みたいと意気揚々でした。それが今現在住まわっているこちらのモデルハウスです。わたしは興奮してしまって、持っているコーヒーをリビングでこぼしてしまったのです。動物のマーキング行為みたいで恥ずかしい思い出です。

夢が膨らむモデルハウスと注文住宅

1.モデルハウスを見学するのが好きだった

子どものころから、ハウスメーカーのモデルハウスを見学するのが好きでした。あまり大きくない家に住んでいたので、こんな家に住めたら良いなと夢と妄想が膨らみました。リビングの広い家に憧れていて、立派なソファーやテーブルを置くのが憧れでした。また、吹き抜けの天井や屋根裏部屋にも興味がありました。

2.大人になると現実を知る

子どもの間は夢だけを追っていれば良いので、楽しいモデルハウス見学でしたが、大人になってからだとセールストークに巻き込まれたり、予算の制約があったりローンを組まなければならなかったり、現実を知ることになります。それでも注文住宅への夢は諦められませんでした。

3.夢と現実の狭間で叶える住環境

注文住宅のメリットは個性を出した住環境づくりができる点にあります。間取りや構造を自分たちの理想のかたちに近づけて設計できます。たとえ予算の制約があったとしても、オプションを抑えたり削るところを考えることで、理想の住まいに近づけることは可能です。なんだかんだ言っても、田原市で建て替え、注文住宅で建てた我が家は素晴らしいと思います。

モデルハウスってすごいけど

1.モデルハウスに行ってみた

宇都宮で新築注文住宅を建てようと考え、近くの国道沿いにあるモデルハウスが集まっているエリアに行ってみました。とても大きな家がいくつも建っていて、内装も素晴らしかったです。特にリビングは広く、大きなソファーを置いても十分にくつろげるスペースが確保できるようになっていました。また、キッチンも開放的で機能的な収納のある素晴らしいものでした。はっきり言って、こんな家に住めたら良いなぁー、と夢をみてしまいました。

2.予算の悩み

モデルハウスのような家に住む、と言う夢をもってしまった私ですが、スグに現実に引き戻されることになります。それは、「こんなに大きな家を買う余裕がない」

ということです。素晴らしいモデルハウスでしたが、購入予算、確保できる土地の広さ、等を考えると、色々と調整しなければなりません。

3.注文住宅は相談して建てよう

モデルハウス通りの家は立てられないかもしれませんが、自分の思い描く理想はなるべく叶えたいものです。そのため、注文住宅メーカーさんとよく相談して、なるべく自分の希望を盛り込んだ家を建てたいと思います。

理想の家を建てるためにしたこと

・モデルハウス見学の感想を一言でいうと…

以前私たち家族が沼田市で新築注文住宅を建てる、と決めた時、モデルハウスは何件も周りました。

子供たちがまだ小さかったので、一日に何件も周れるわけはなく

一件しか行けないこともあり、一言でいうと「疲れる」しかありませんでした。

本当に見学するだけならいいのですが、少し具体的に話をするとなると

それなりに時間もかかるわけですがら、子供たちの機嫌がもちませんでした。

じっくり営業さんの話を聞きたくても子供が「トイレ!」といえば連れていくしかないし

しかもモデルハウスのトイレは使えないので、遠くまで行かなくてはいけない。

こっちの部屋を見たくても「あっち行く」といえば付いていくしかない。

もう疲れて妥協してしまおうかと思いました。

・理想ってなんだろう

妥協の理由は子供だけではありません。

モデルハウスは本当に豪華なつくりになっていることがほとんどで

実際の生活を想像したときに「ここにもう一部屋ほしいよね」とか

「この空間いいけど、これ入れたらずいぶん高くなるよね」など

理想と現実の食い違いが大きく、なかなか納得いくものが見えてきませんでした。

・モデルハウスが私たちに教えてくれたこと

最終的に決めたのは、モデルハウスを持たない工務店でした。

持たない、というところがよかったのだと思います。

知り合いから「とりあえず話だけでも」と持ち掛けられたのですが

こちらの理想を話すと、具体的に提案してくれ、

私たちの理想の住まいが見えてきました。

いきなりこちらとお話をしても、このような結果は出なかったと思います。

やはり何件もまわって、本当の理想がイメージできたからだと思います。

お断りしたモデルハウスの方々には申し訳ありませんが

おかげでいい家を建てることができました。

夢と悩みの注文住宅

1.夢の注文住宅

私は今、上尾市で新築注文住宅を検討している真っ最中です。

最近家族が増え、今の家が手狭になったことが理由です。

ありきたりな理由ではありますが、ここから注文住宅業界に足を踏み入れて、

今は夢と悩みの狭間で自分たちの理想のマイホームを建てようと奮闘しています。

2.注文住宅で叶えられること

注文住宅建築について学んでいく中で感じたことは、注文住宅では、思っていたよりも

たくさんのことが叶えられるという事です。

中でも、モデルハウスを見学したときにそのことを実感しました。

「吹き抜けが欲しい」「使いやすいキッチンが欲しい」など大まかな希望は

ありましたが、実際にモデルハウスに足を運んでみると、「キッチンの壁をマグネットが

つくようにできる」「蛇口をホース式にしたり、自動水栓にできる」などとても細かな

要望も叶えられる事を知ったのです。

3.自分たちの理想の暮らし

注文住宅建築で夢のマイホームを建てるのは勉強と悩み・選択の連続で、簡単なことではありません。

ですが、だんだんと「自分がしたい理想の暮らし」が見えてきます。

そして、そんなs暮らしができる毎日を想像すると楽しみで仕方がありません。

今後も大変なことがたくさん待っていると思いますが、自分と家族の未来のために頑張って

理想の注文住宅を建てたいと思っています。

注文住宅は、設計のオーダーを考えている時が楽しい

注文住宅を選ぶ

結婚して10年経ち、子供も小学校高学年になります。そろそろ団地住まいも卒業して、夢の一戸建てを妻と考えました。貯金額、家の予算などを計算すると、マイホームは建てれる状態です。そこで、まず賃貸サイトを見て一戸建ての情報を得る事に。一戸建ての家は、基本、「たて売の分譲」と「注文住宅」に分かれます。私の希望として、前橋市の新築注文住宅が良く拘りの家が良いです。夫婦で相談した結果、注文住宅を購入する事になりました。

オーダーを考えると楽しい

知り合いから評判のいい住宅会社を紹介してもらい、依頼をする事に。貯金と銀行からお金を借りる事にして、後は希望する設計オーダーを考えます。設計の要望は、「部屋の間取り」「収納の多さ」に拘ってみました。住宅会社から、「セミオーダー住宅」という形式で契約が決まります。家でチラシを見ながら、間取りの広さなどを考えていると、ワクワク楽しい瞬間です。

完成した時、部屋の広さに感動する

住宅会社と契約が済むと、いよいよ注文住宅を建てる事が始まります。1か月、2か月、3か月と工事は進み、そして夢の注文住宅が完成しました。家に入った瞬間、新築の香りに惹かれます。そして、部屋の間取りをオーダーしていた通り、広い部屋に感動したものです。やっぱり家は、注文住宅にして良かった瞬間でした。

ドキドキ注文住宅!

1.注文といってもパターンから選ぶことが多い

注文住宅と響きは何から何まで注文できるイメージですが、

正直なところ、ある程度の中から選ぶ形になっています。

金銭的な余裕があるなら、本当の意味で、何から何まですべて自分が選んだもので、

家が仕上がります。

ただここで問題なのが、自分のセンス。

色合いであったり、材質への知識が圧倒的に、ハウスメーカーのスタッフがあるので、

自分で選ぶというよりも、自分の要望をどれだけ、ハウスメーカーのスタッフに伝えることができるかが、

大事でした。

2.決めるのに時間がかかる人は、パターンの中から注文する形がオススメ!

田原市で建て替えを考える際、ドアの大きさ ドアノブの形 間取りの目安 など 本当に色々注文できるのが、注文住宅ですが、

床の色一つでも色々あります。悩み始めると、全く決まりません。

そこで、ハウスメーカーが用意してくれているのが、

ある程度の間取りのパターンと水まわりなどはパターン化してくれているので、

トイレのシリーズやお風呂のシリーズがあるので、選ぶとき助かります。

流石にカーテンの種類と色にはまいりました・・・

3.次に建てるなら 注文?建売?

もしも、次に建てるなら、私は断然注文派!

昔から「家は3回建てないと理想の家にはならない」と言われていますが、

私はきっと3回建てても理想の家にはなりません。

そして、そこまでの金銭的余裕があるかと言われると、厳しいものがあります。

でも、その時々で、理想が違うので、できるだけ理想の家になれるように、

幅を持して注文するのがオススメです。